はじめての出産祝いの選び方 はじめての出産祝いの選び方 はじめての出産祝いの選び方

初めて出産祝いを贈る方の中には、「何をプレゼントしようかな?」
「相場っていくらくらいかな?」と迷う方も多いのではないでしょうか?
このページでは出産祝いを贈るときのポイントをご紹介します。

出産祝いのおすすめアイテム

お洋服
一般的に生まれたての赤ちゃんは50サイズのお洋服を着ることが多く、半年で70サイズ、1年で80サイズと成長が早く、サイズは贈るタイミングや相手の状況・季節によって変わってきます。
早い段階で赤ちゃんに着てもらいたいなら50サイズ~70サイズ。
長く楽しんで欲しいなら着用可能期間も長い80サイズと、贈る相手にも相談して贈ることが出来ればより安心です。
プレゼントを事前に相談することをためらう気持ちもありますが、出産祝いは相手に喜んでもらえることが一番大切です。
スタイ
スタイは赤ちゃんのよだれや食べこぼしを受け止めるアイテムなので、汚れてしまいやすく、何枚あっても困らないアイテムです。柄や色が豊富にあるので赤ちゃんの性別やお母さん、お父さんの好みをリサーチして贈るのもおすすめです。
ギフトセット
何を贈るか悩んだらギフトセットを選ぶのがおすすめです。
赤ちゃんやご家族が使いやすいアイテムがセレクトされているので、ギフト探しに迷っている方も、贈られるご家族にも嬉しいアイテムです。

出産祝いの金額の相場は?

兄弟・姉妹の場合
10,000円~30,000円が相場。
普段あまり交流のない兄弟・姉妹でも、この程度は包んできちんとお祝いしましょう。
親戚の場合
10,000円~30,000円が相場。
ただし、関係の深さや付き合い方によりその金額は変わってきます。
疎遠でほとんど付き合いのない親戚には無理に渡さなくても問題ないでしょう。
友人の場合
3,000円~10,000円が相場。
相手との親密度や年齢で金額を決めるといいでしょう。
複数名で一緒に渡す場合は、相手に気を使わせないような高額にならないよう注意が必要です。
同僚・部下の場合
3,000円~5,000円が相場。
相手との親密度や年齢で金額を決めるといいでしょう。
複数名で一緒に渡す場合は、相手に気を使わせないような高額にならないよう注意が必要です。
上司の場合
5,000円~10,000円が相場。
普段どれくらいお世話になっているかなどの親密度によって金額を決めるといいでしょう。部署などでまとめて贈る場合は、相手に気を使わせないような高額にならないよう注意が必要です。